ワンストップサービス!  「企業」・「社員」だけでなく「家族」のケアも!


かがやき相談室では、皆さまの幸せを願い、「企業様」・「社員様」のサービスだけでなく、「ご家族様」のケアまでワンストップでサポート致します。

 

アドバイザーは、「社会福祉士」・「産業カウンセラー」・「メンタルケア心理士」などの福祉や心理関係の資格を持つ、女性の「元健康保険組合事務長」です。

 

20年以上の「看病、OL」のキャリアを持ち、豊富な経験と知識を駆使し、有益なサービス及び情報を提供致します。

 

ご希望につきまして伺わせて頂きますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

経験豊富なメニュー!   講演・セミナー・カウンセリング・各種支援ほか


 経験に基づいた「お話・支援」をさせて頂きます。下記は一例です。

★講演

・看病しながらお金をかけずに起業?

・ご家族がガンになった時、出来る事は?

・心・身体に病気のある方と一緒に業務するには?

★セミナー

・事業主への支援・助成金等の話

・看病・介護について知っておきたい大事な話

★各種支援

・女性、家族の心のケア/遠方の両親支援

・情報収集代行(社会保険・助成制度等)

・心・身体に病気のある方が働いている企業の「職場訪問 」

 

 

知らないと損をします!  突然訪れる看病や介護・知っておきたい大事な話


2人に1人がガンの時代・・・。

超高齢社会・・・。

 

病気は、誰もがかかる可能性があります。

 

いつ看病をする側、される側になるかわかりません。

 

各種申請書類には時効があり、「知らないと損」をしてしまいます。

高額療養費、傷病手当金、被扶養者認定、医療費控除、生命保険など・・・。

 

誰に、何を相談したらいいのか?

どこから、何を始めたらいいのか?

 

慌てないためにも、一度話を聞いておくと安心感が違います。

 

 


働き方改革「病気治療と仕事の両立支援」について

 一億総活躍社会を目指す政府は、「働き方改革」の重要課題の1つに「病気治療と仕事の両立」を盛り込んでいます。

 

 現在、働く人の約3人に1人が病気を抱えながら仕事をしています。

 医療技術の進歩により、がんの5年生存率は約70%で、不治の病ではありません。

 病気になっても仕事を辞めずに、治療をしながら働き続けることができるようになってきました。

 

<統計>

働く世代で病気の人が多いことがわかります。

 

・一般健康診断の有所見率

➡53.8%(約2人に1人)、病気のリスクを抱えて働く人は増加傾向

 

・治療をしながら働いている人

➡2007万人(労働人口の約3人に1人)

 

 

・病気になっても働き続けたい

➡92.5%

 

・病気を理由に1か月以上休業している人がいる企業の割合

➡「がん21%」、「脳血管疾患12%」

 

・病気休暇制度のある企業

➡22.4%、病気を理由に仕事を辞めざるを得ない事例も少なくない

 

 

 病気を抱えながら仕事をする人を、企業はどう支援し活かしていくか?企業として何が出来るか?

 自分の仕事に期待をしてくれる人がいることは、病気と闘う励みになり、生きがいにもなります。

 

 日本は「超高齢社会」であり、今後「高年齢労働者」の増加が予想されます。

 

 病気は、誰もがかかる可能性があり、「治療を受けながら安心して働く」ことができる「治療と仕事の両立」に関する支援は、すべての働く方にとって必要な制度と言えます。

 

*統計参考 中央労働災害防止協会「治療と仕事の両立支援ガイド」冊子、労働者健康安全機構「治療と仕事の両立支援」冊子